パニック障害になりやすい性格や環境

パニック障害になりやすい性格や環境は?

性格的なものは、

 

「感受性が強い」
「神経質なところが強い」
「デリケート」
「まじめな人」

 

また加えて「完璧主義」な人に症状が出やすいといえます。

 

たとえば「これでいいだろうか?」「まだ駄目じゃないか?」
と思うあまり、不安がどんどん大きくなってパニック症候群に陥ってしまうというものです。

 

環境的には、「これ」という断定的なものはありません。

 

なぜなら、ひとそれぞれ感じる環境の具合が異なるためです。
ある人はこの環境でも大丈夫だが、ある人はダメ…というように。

 

ですから、一概にこの環境ということよりも
たとえば人生の転機やストレスの多い環境が目まぐるしくやってくる、
などの時に起こりやすいといった方がいいでしょう。

 

これもまた人によって、受け止め方が変わりますが
(逆にこういう環境になると張り切ってしまう人もいます)
なにかのきっかけで精神にいつも以上に過度のストレスがかかる・・・・・・

 

という環境が陥りやすいといえるでしょう。

 

 

関連ページ

パニック障害はどんな病気?
「パニック症候群」とはどんな病気でしょうか?文字通り「パニック症状」に陥る神経、 脳の病気ですが別名「不安神経症」といわれます。
パニック障害の症状にはどんなものがある?
パニック障害の症状にはどんなものがある?動悸、息切れ、めまい、吐き気、強い不安感など?
パニック症候群の原因は?
パニック障害の原因は、一言でいうとおもに自己の神経の過敏な思考からと言われています。デリケートすぎる心、といいましょうか。
パニック障害と年齢
パニック障害の基礎知識をお届けします。パニック障害と年齢の関係は?
パニック症候群危険度チェック
パニック障害の基礎知識をお届けします。パニック症候群危険度リストを公開します。