パニック症候群危険度チェック

パニック症候群危険度チェック

あなたの危険度はどうでしょうか?
自分では「大丈夫だ」と思っていても実は心は「疲れているよ。」
「気にしているよ」と訴えているかもしれません。

 

次にチェック項目を設けてみましたのでご自身で
セルフチェックをして「こころの疲労度」を図ってみましょう。

 

項目で当てはまっていても、
特に日常生活に支障がないというのであれば問題ありませんが

 

半分以上当てはまっていて、なおかつ日常生活に支障がでている、
という場合は注意が必要です。

 

●人と面と向かって話すのが苦手
●乗り物が苦手(特に降りようと思ってもすぐに降りられない飛行機のような乗り物)
●各駅停車の電車よりも新幹線が苦手
●突然呼吸が苦しくなることが30秒以上続く
●息が苦しくなる、できなくなるようなことが1日5回以上ある
●そわそわしたり、ピリピリしていることが多い
●何事も完璧でないと気が済まない
●一つのことにこだわりすぎる方である
●嫌なことがあるとなかなか、忘れられず切り替えができない
●自分がこのままダメになるのでは?と思うことがある
●人からこうみられている・・どうみられている・・・というのが気になる
●自分が自分でなくなる感じがある

 

関連ページ

パニック障害はどんな病気?
「パニック症候群」とはどんな病気でしょうか?文字通り「パニック症状」に陥る神経、 脳の病気ですが別名「不安神経症」といわれます。
パニック障害の症状にはどんなものがある?
パニック障害の症状にはどんなものがある?動悸、息切れ、めまい、吐き気、強い不安感など?
パニック症候群の原因は?
パニック障害の原因は、一言でいうとおもに自己の神経の過敏な思考からと言われています。デリケートすぎる心、といいましょうか。
パニック障害と年齢
パニック障害の基礎知識をお届けします。パニック障害と年齢の関係は?
パニック障害になりやすい性格や環境
パニック障害の基礎知識をお届けします。パニック障害になりやすい性格や環境とは?