パニック障害と年齢

パニック障害と年齢の関係は?

年代別に見てみると、
10代中ごろ〜20代の比較的若い世代で発症しやすい病気で、
異性関係や友人関係に非常に敏感で感受性の豊かで、
強い時期に起こりやすいといわれています。

 

以前は女性の方が多い傾向にあったのですが、
最近は男性のパニック症候群の増加傾向も見逃せません。

 

今やパニック症候群は誰でも、陥りやすいのです。

 

社会不安が多いこの世の中、若い世代だけともいいきれませんが
傾向として、経験がまだ浅い、対応能力や感受性の強い世代という
ことで10-20代を中心に、という意味で目安としていただければと思います。

 

きちんと治療をすれば病気そのものが治る、というよりも
症状が完全に出なくなる=完治することができる病気であることと、
そのための努力をすることが、もちろん大切です。

 

 

 

関連ページ

パニック障害はどんな病気?
「パニック症候群」とはどんな病気でしょうか?文字通り「パニック症状」に陥る神経、 脳の病気ですが別名「不安神経症」といわれます。
パニック障害の症状にはどんなものがある?
パニック障害の症状にはどんなものがある?動悸、息切れ、めまい、吐き気、強い不安感など?
パニック症候群の原因は?
パニック障害の原因は、一言でいうとおもに自己の神経の過敏な思考からと言われています。デリケートすぎる心、といいましょうか。
パニック障害になりやすい性格や環境
パニック障害の基礎知識をお届けします。パニック障害になりやすい性格や環境とは?
パニック症候群危険度チェック
パニック障害の基礎知識をお届けします。パニック症候群危険度リストを公開します。